2015年08月24日

我、夏の夜 制覇せり

DSCF1241.jpg


夏の夜長、いかがお過ごしでしょうか


ようやく、墓でもなく史跡でもない

女子らしい日記をお届けすることができそうです(笑)



不肖にしむらデス




不肖にしむら、

この夏休み(夏季休暇)に、「夏」であることをいいことに

「夜」の水族館と「夜」の動物園を制覇して参りました!!



この「夜」ってのがいいんですよね
行ってみたかったんです
「夏」しかやってないんです



そんなわけで、まずは大分の「うみたまご」に行ってきました


IMG_0622.jpg



到着すると、ちょうどやっていた セイウチのショー



セイウチがこんなに芸達者だとは、知りませんでした・・・


おまけにね


DSCF1224.jpg



触れるんだよ・・・(笑)


もちろん、触りました

濡れているせいでノッペリと見えている体ですが、触ると毛がフサフサなんですね
血走った目が非常に印象的でした(笑)



セイウチだけでなく、エイやヒトデやナマコにも触れる「うみたまご」

なんでも触ってきました

そして、一番 難しかったのが水族館のアイドル、イルカ


ちょうど プールを通りかかったときに、「イルカが来たぞー!いまなら触れるぞー!!」という瞬間があったので、
スニーカーも靴下も瞬時に脱ぎ捨てて ダッシュでプールに飛び込んだんですが



気まぐれなイルカは、すぐに深いところに戻っていったようで、

あとはただただ立ち尽くす私・・・



IMG_0705.jpg



このあと、結構 待ったんですが

雨も降り出し、ついにはイルカに触ることは出来ませんでした・・・


足についた砂をシャワーで洗い流すときの、あの虚しさよ…
せめてキミに触れていたならば・・・




気をとりなおして、館内!


DSCF1237.jpg



この一番大きな水槽が私のお気に入りです


もう、ずっと見てられます
大分に住むことがあれば、年間パスポートを買って 日々通いたいほど良い場所です



ニモもいたよ


IMG_0712.jpg





そして、次の日は「いとうづの森」。

家から歩いて行けます(笑)




IMG_0727.jpg



水族館とは うってかわって ねっとりと暑く、そして野生の香り
そして、まとわりつく蚊・・・(笑)

これこそ、夏の動物園の醍醐味ですな(笑)



IMG_0718.jpg



久しぶりに行ったのですが、やっぱり檻とかよりも 広々としたところを闊歩してる姿をみるほうが嬉しいですね



キリンもゾウも意外とめっちゃ近くで見れる

前日の水族館といい、水陸の動物たち総なめです



なかでも私の心をとらえたのは


IMG_0739.jpg



頭上のヤギ・・・(笑)

自由です


本当、自由を感じたよ


IMG_0738.jpg



そして、この表情(笑)


この表情で、人々の頭上に君臨してらっしゃるんですよ


なんか、感慨深いモノがありましたねー・・・(笑)





そんなワケで、水族館の「夜」と動物園の「夜」を二日間で堪能してきました

「夜」はいいですね
人も少ないですし、何より日中より涼しいです



次の休みはいつかなー(笑)



IMG_0747.jpg

posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

長州の墓たち

1.JPG


ごぶさたっ。

不肖にしむらデス



先日、萩へ行ってきましたー

ヒマさえあれば行っちゃう萩なのですが、、、


いやいや、今回は絶賛大河中の旬な萩だから!




そんなわけで



どうせ萩に行くのだからと、
早朝から高杉の墓のある東行庵にも行ってきましたー




2-3075d.jpg



いつのまに こんなものが!!!

出来立てホヤホヤの高杉像がお出迎え!!
安倍さんが建てておりました


そして・・・、こちらも



3.JPG



出来立てホヤホヤの・・・山県…!(笑)
ひれ伏すガタ!!(笑)


そのうえにいるのはモチロンこの人・・・



4-b3759.jpg


魔王(高杉晋作)!!!(笑)


ちなみに「魔王」というあだ名(違う)は、実際にアーネスト・サトウという英国の通訳の方が高杉を見たときにそう表現していたモノです


そんな魔王のお墓がコチラ



DSCF0947.JPG



早朝だったこともあり、厳かな雰囲気のなか お参りさせていただきました




高杉の墓に参り、いろんな石碑を眺めたあとは通りすがりに見つけた奇兵隊陣屋跡へ


看板に見取り図が描かれており、
台所の位置とか想像するのが楽しかったです



しかし、どうもココも新しく出来たっぽいなー
どこもかしこも出来立てホヤホヤ・・・

ま、まさかこれが大河のチカラなのか・・・!!!(笑)




それから萩、道の駅「萩往還」へ


6.JPG




・・・もう説明いりませんけども、

左から、高杉晋作、吉田松陰、久坂玄瑞


他に、三人ずつがセットになった銅像が複数あるんですが


おそらく、萩的に一番推してるのが この「高杉・松陰・久坂」の銅像
そして次点が、「山県有朋、木戸孝允、伊藤博文」の銅像だと思うのですが・・・


相変わらず、萩は桂(木戸孝允)をそんなに推さない・・・(笑)
今でこそ大河で有名な松陰ですが、どちらかというと世間的には桂のほうが知名度が高いと思うんですよね
しかし、あくまでも萩は桂を推さない(笑)
そして初代内閣総理大臣の伊藤博文も、ここ萩では いつまでも 舎弟 もとい塾生扱い!(笑)


どこまでも萩は やっぱり吉田松陰 推しですね!!


ちなみに下関は高杉晋作 推しがすごい
下関の「し」は晋作の「し」なんじゃないか・・・って感じすらするほど、下関は長府なのに晋作推しで、日に日に銅像が増えていってる気がします・・・(笑)




閑話休題




そして、行ってきました。松下村塾!!


DSCF0967.JPG



毎度毎度・・・。ここに来るたび何度、同じ写真を撮っただろう・・・



しかし、ここにくると「萩きたー!」って気持ちになりますね



そのあとは

吉田稔麿の誕生地

そして、伊藤博文の家へ!!


コレ、私の毎回のパターンです(笑)



10-f753e.jpg



黄色い顔の俊輔・・・(笑)



学生時代はよくレンタサイクルを借りて


高杉ンち、桂ンちでゴロゴロして、
「じゃあ、次、俊輔ンち行こうゼー!!」と、自転車を飛ばして初代内閣総理大臣の家に行って、ゴロゴロしてました(笑)


友達か!





そして、次に行った場所はココ



11-b04ba.jpg



松陰の墓参りに行ってきましたー


刮目されたし!

金子くんと松陰先生の像なれど、きちんと松陰「先生」と書かれておる!!(笑)
そしてこの金子くんのポージング
まさしく「先生…っ!」って感じじゃないか・・・(笑)


ちなみに、一番最初の写真は、ここからみた萩の景色でございます




そして、居並ぶ長州人たちの墓に参ってきました


なかでも一番献花が多かったのは、やはりこの人



DSCF0978.JPG



松陰先生っ!

さすが先生です


そして、



DSCF0980.JPG



次に献花が多かったのが、やはり この人 高杉晋作


世間的には高杉のほうが人気ありそうですが、やはり萩ではこの人の独壇場なのか、大河の影響なのか師の松陰、圧倒的勝利です!!




・・・しかし、はからずも高杉の墓を二つも参ったなー。今回(笑)



今回は、このへんをまわりましたが



他にも、高杉の家や桂の家や萩博物館や

もっとも私のお気に入りスポット、大型(ガタ(山県)の銅像など(笑)



オススメ盛りだくさんなので、

そちらは また次回 萩を巡ったときに語らせていただきます(笑)



・・・なんか墓ばっかのブログになってしまってるなー




女子として反省であります。


posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

まんじゅう屋の墓


私(不肖にしむら)です



先日の連休は長崎にいました。



目的はコレ。




1.jpg


長崎県美術館で開催されています「ガウディ×井上雄彦展」へ行ってきたのであります…!



『スラムダンク』や『バガボンド』で有名な漫画家 井上雄彦氏が
『サクラダファミリア』などを設計した建築家 ガウディの
生涯と建築の軌跡を彩るという何とも贅沢な企画展!




筆いっぽん。


それで和紙に描く井上さんの絵が とにかく圧巻だったんですが



振り返ったそこにある本物のような質感のガウディの老いた顔も、
最後に待ち受ける巨大な作品も捨てがたいですが


私が一番好きだったのは、エンピツで壁に殴り描いてる人物画(&説明)。



本当、この人は ただの漫画家じゃないです・・・。芸術家です。





とはいえ、売店にいくと・・・


2.jpg


花道っっ!!!


コレはテンション上がった瞬間でありました(笑)




で、


ですね・・・




やはり、長崎に来たからには どこか史跡に行きたいじゃないですか・・・(笑)



そんなわけで、ひとつだけ行かせていただいたのがコチラ


5.JPG


まんじゅう屋さんの墓であります。(どーん)



コレを言って通じたのは店長だけでございました(笑)




海援隊、近藤長次郎。通称「まんじゅう屋」。
頭のキレる長次郎は隊に内緒で海外留学しようとするのだが、それが見つかって隊規違反で切腹…!

・・・という人なんですが…。
(詳しくは例のごとく、各自 調べるように。)




とにかく、墓は山(坂の上)で見つけるのが大変でした。。。


上から下から右往左往
おかげで筋肉痛です・・・


ちなみに、この墓の字は龍馬のモノと言われてるんですよ〜




他にも、この墓所にはシーボルトの娘である楠本イネや
幕末の写真家 上野彦馬なども眠るという大変に豪華な墓所だったのですが、
時間がなかったために断念・・・。


次回、必ず また訪れたいと思います・・・!




そして帰りは温泉にまったり浸かって帰りましたー
たのしかったなー、長崎



私は構わないのですが



・・・はからずも墓ばかりのブログになってしまった・・・(反省)

posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする