2017年11月22日

梵燈のあかりに親しむ会

DSCF1506.JPG


ご ぶ さ た ・・・ っ!!



寒さ堪えるこの季節、、、

みなさま いかがお過ごしでしょうか??




寒くなるそのまえに、

実はこの私、不肖にしむら・・・



またまた京都へ行ってまいりましたー!!




実は今年は二度目・・・!(贅沢)

改めまして こんにちは、不肖にしむらです。






と、大好きな京都に旅立った私なんですが、

なんと、予期せぬサプライズがもうひとつ・・・!




乗った新幹線が偶然「エヴァ新幹線」だったーーー!!!



DSCF1477.JPG




なかはこんな感じ




DSCF1466.JPG







そして、一両目には ななな、なんと・・・!!!




IMG_1818.JPG



エ ヴ ァ の コ ッ ク ピ ッ ト だ ぁ あ あ あ あ あ !!!!!!
(落ち着け、自分)



エヴァ世代の不肖にしむら、

ひとりであるにも関わらず、途中から興奮を止めることができずに ひとり騒ぎだす。



そんな私を見かねてか、係のお姉さんは優しく

「写真をお撮りしましょうか」と言ってくださいました。



調子にのった不肖にしむら、

「え!あ、じゃあ・・・、コックピットに乗ってみてもいいですか!!!
 操縦はしないから!! 操縦はしないから!!!!
 コックピットに乗ってる私を撮ってもらっていいですか!?」

「それはダメですね。」(笑顔)




瞬 殺 ・・・ !




「事前予約が必要ですので」



乗ることさえも許されぬ・・・。
私は、パイロットになれない「選ばれぬチルドレン」だったのだ。

なんだか、ケンスケの気持ちをひどく痛感した私なのでした。
(終始マニアックですみません)





と、そんなテンション高めに はじまった今回の京都旅行。



DSCF1510.JPG



やっぱり、この鴨川の景色をみると

「京都に来たな〜」

と実感しますね!






今回、巡ったところはココ




DSCF1485.JPG



「フォーエバー現代美術館 祇園京都」でやってる草間彌生 展!



・・・なんか、草間彌生に ばかり行ってる気がするなぁ・・・
(母の趣味です)




DSCF1502.JPG




舞妓さんや芸妓さんの練習場に作品が展示されていたんですが、

この写真の作品は なんだろう・・・
ちょっと私には 気持ち悪い感じ です(笑)


それにしても、草間彌生の作品は みなぎる力強さを感じる作品が多く、
グッズにすると不思議に可愛いく変化するものばかり。

こういうところが、女性に人気なんでしょうね





次は私のターン!!


DSCF1508.JPG



祇園の一力亭!!!

新選組の近藤勇、薩摩藩の大久保・西郷、
さらには赤穂浪士 大石内蔵助までも通ったと言われる

京 祇園のお茶屋さん!!!!



モチのロンで「一見さんお断り」の格式高い一力亭。



嗚呼、一度でいいから芸妓さんをあげてドンチャンしたい。



そんな夢を持ちながら、毎度 店の前でシャッターばかり押す私です・・・




京都のお墓もいろいろ行きましたが
毎度 参ってしまうのはココ


DSCF1570.JPG



新選組筆頭局長 芹沢鴨の墓


なんやかんや言って、私が一番参ってるの この人なんじゃないだろうか
ってほど、参ってる。
なんかもうここまで来たら、変な縁すら感じる。
親戚かってほど参ってる。いや、正直 親戚以上に参ってる。

もう目を瞑ってでも参れる。(どーいうこと?)




と、今回も必要最低限なとこを巡ったあとは


もう何度も来ている京都

今回はめずらしく、季節的なイベントに参加してみようじゃないか

と、新たなる試みに挑戦してみました。

(普段、私は墓か史跡しか行かないので)




夜中に京の街にくりだし、向かった先は・・・・


DSCF1520.JPG



ここでのポイントは、この暗さです。




DSCF1523.JPG


妙心寺塔頭 東林院


ココで今だけやっている
「梵燈のあかりに親しむ会」に参加してきました



DSCF1560.JPG



雰囲気ありますね〜



なかはロウソクの灯りだけで、足元も薄暗く
私としては当時(私でいうところの幕末)
の京都が味わえて、もうそれだけでゾクゾクしておりました。



そして、暗い廊下を渡り、

お庭をみると・・・



DSCF1526.JPG



庭に灯された400本のロウソク!!


ちょっと由奨さんに習って、
なんとなくやってみた撮影ではこんな感じの仕上がり



DSCF1555.JPG


明るすぎたね(笑)
腕のなさが出てしまいました(笑)


まあ、でも こんな感じなのです(どーん)




この灯りのなか、お抹茶とお菓子をいただき
心ゆくまで まったり する!!!


そんな禅でもやっているかのような 静かな時間でございました。





その帰り・・・



IMG_1830.JPG


見てください。

この深い暗さ・・・。



もう、「夜の底」とは芥川がよく言ったものですが

こんな暗い場所を歩いていてね、
刺客に襲われるという当時(だから幕末あたりです)ね


あの闇の隙間から岡田以蔵が 這い出てくるかもしれない

もはや目は使い物にならない

気配、相手の息遣い、殺気、

それらを敏感に感じとらねばならなかった、あの時代・・・




にしむらは、こういうのに思いはせるのが好きなんです(どーん)



嗚呼、これだから夜の京都はたまらんぜ!!






そんなわけで、

次の日は外人に大人気!
伏見稲荷にちょろっと顔を出して帰ってまいりました。


伏見稲荷はいつ行っても人が多くて、
写真 撮ったものの、人ばかりで載せられたもんではなかったので

数年前に一人旅で京都へ行った時に撮ったモノを代わりの載せようかな、と!



誰もいない鳥居を撮りたいがために 早起きして写した思い出の写真。



DSCF0513.JPG





早起きは三文の徳ですねぇ


(不肖にしむらは朝が苦手なので、もう勘弁です)
posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

芝居日和

IMG_1594.JPG


ご ぶ さ た ・・・ っ!!


東京まで劇団新感線の「髑髏城の七人(花)」観てきましたー


不肖にしむらデス




実は舞台鑑賞も大好きな不肖にしむら、

意外に舞台のために東京とかまで行ってしまいます



今回はココ



IMG_1585.JPG


IHIステージアラウンド東京。



豊洲に できたてホヤホヤの

なんと客席が360度回転するという劇場です…!!



いやー・・・

面白かった〜〜〜!!!


もう、遊園地のようだった(笑)

いつもだったら暗転からの場面転換なのに、もうそのままグルーリと次の場面にいってしまう


しかも、ステージは奥行きがかなりあって、役者さんらは縦横無尽に駆け回り
川まで流れてやがる・・・!!


おまけにステージに段差がないため
同じ目線の すぐそばで役者さんが演技・・・!!



…ちなみに私は幸運にも前から二列目でした(ふふふ)



いやー、来てよかった「アラウンド東京」。
好きな劇団がやんないと行ってなかったよー


ちなみに演目の「髑髏城」は劇団新感線ではおなじみの演目

いろんな種類の「髑髏城」を見てきましたが
やっぱり何度みても面白いですねー


IMG_1583.JPG




と、お芝居だけに終わらないのが不肖にしむら



モチのロン(死語?)で、行きましたとも!!!




今回のお墓はココ



IMG_1572.JPG




土佐藩主、山内容堂の墓は品川にあるってご存知でしたか!?


どーん




前回の土佐旅行のときにもチラリと書きましたが

私は容堂が藩主のなかで一番好きなのであります



しかし、さすが藩主だけあって墓も立派ですね

なにより、

お酒が供えられてるあたり「容堂らしいな〜(笑)」とニヤニヤせずにはいられませんでした
(容堂は「鯨海酔侯」と言われるほどの酒飲み)






そして、お次はここ



IMG_1613.JPG


六本木のビルの間にあります、このお墓(奥の屋根の下)


新選組の沖田総司の墓であります



久しぶりに来た〜


沖田の墓は遠くからながめることしかできません
(年一で開催される供養の日のみ公開)


さすが人気者ですね




今回は美術館にも寄ってきたので、史跡はこのくらい





ミュシャ展と草間彌生展いってきましたー

ちなみに写真撮っていい作品だけ激写



IMG_1623.JPG



ミュシャはこんな大きな絵も描いてるんですね

しかし相変わらず淡くてミュシャの絵って素敵〜〜〜
あの淡い光とかどう描いてんの??(笑)


ミュシャって かわいい女の子のポスターってイメージでしたが
こういう絵も描いてたんですね(無知)
とにかく、その大きさに圧倒されました


てか、どうやって移動してきたんだろう

こんな大きい絵!!!!




そして、草間彌生


IMG_1627.JPG


ミュシャと対照的!!(笑)


草間さんは力強い作品が多いよな〜

なにより、そのインパクトがすごいですよね


グッズ売り場がすごく混んでた(笑)


わかる気がするな〜
草間さんの作品ってグッズにしたくなるような感じですよね
ワンポイントで目出つ感じ




そんなわけで、今回はお芝居に美術館

そこにモチロン、墓も混ぜるのが 不肖にしむらであります

posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

土佐日記

IMG_1199.jpg


ごぶさた・・・っ!!


夏休みに土佐(高知)へ行ってまいりましたー


不肖にしむらデス!





実は初の土佐、、、四国上陸!!



そんなわけで「高知龍馬空港」に到着!!



DSCF1380.jpg




さっそくの坂本(龍馬)さん(どーん)


って、空港にもう坂本さんの名前ついてるんだね!!!
なんだか、先が読めちゃうね!!この感じ!!!(笑)



感動したがこの後、いろいろな場所に立ち寄るたびに私は坂本さんの像と出会うことになる。


・・・・どんだけ坂本推しなんだ、土佐・・・!!!(笑)

薩摩の西郷推し
萩の松陰推し
下関の高杉推し

と、同じですねー(笑)




そんな私が

まず向かったのが、中岡慎太郎館!!!



DSCF1384.jpg



すごい!!!
ココ以外、何もない!!!!
そして、誰もいない!!!!!(笑)



居たのは・・・


DSCF1385.jpg



中岡慎太郎のみ!!!!

この中岡さんの後ろの山合いを見ていただけると、おわかりいただけるだろう(笑)




そんなわけで、まずはたっぷりと中岡慎太郎に浸ってきました


DSCF1390.jpg




近くに作られた宅跡。

ここがまた無料なうえにクーラーも扇風機もないのに涼しくて、
この真夏に非常に快適で、長居してしまいました(笑)


そして


DSCF1400.jpg


中岡慎太郎の遺髪のお墓

これで京都のお墓と土佐の墓は参ったぞ!



人が全然いなかったので、ゆっくり記念館も見ることができました
もう、ね
あまりに人がいないから受付の人まで呼ばないと出てこないっていう。。。ね(笑)
一瞬、閉館してんのかと思ったよ(笑)
ここまできて休館日かと思って一瞬こわくなったよ(笑)

山の中にあるとは思えないほど、充実した記念館で豪華でした
中岡慎太郎は、やっぱりあの笑顔がいいよね(笑)




そして、市街地に戻ってきて


まず山内家下屋敷長屋へ行ってきましたー



DSCF1407.jpg




長屋の二階にこのような展示スペースがあるのですが

なにが怖いって、手前の吉田東洋の写りもこわかったけど
床がギシギシいって、抜けるんじゃないかと、そこが一番こわかった(笑)



かーらーの


山内神社!!


DSCF1429.jpg


容堂!容堂!!

容堂を激写しまくり!!逆光だけど!!!(笑)


実は私は藩主のなかでは容堂が一番好きなのであります
こういう藩主らしくない、どこか任侠の親分的な容堂がすごく好みなのであります




そして、


高知城へ!!!


DSCF1410.jpg

DSCF1417.jpg



もうね、高知城はね・・・

暑かったよね(それは季節的な問題)


城内でキンキンに冷やされたおしぼりが支給されてて本当に助かりました



容堂目線なせいで忘れかけていたけど、山内といえば一豊なのよね(笑)
だから上川(隆也)さんのポスター飾ってあった(「功名が辻」)
さっきいった中岡慎太郎館にも上川さんのポスター飾ってあった(「龍馬伝」)

なんかね、いたるところに上川さんの何かしらがあって、
一豊で上川さん
慎太郎で上川さん
土佐はどんだけ上川さんなんだろう。って思った(笑)
羨ましいな、土佐!!!(笑)




そんなわけで高知城


すぐさま居たのは退助でしたっ!!!


DSCF1414.jpg




乾退助ーーー!!!


「板垣死すとも」の板垣退助ですね

後藤象二郎(保弥太) & 乾退助(猪之助)の 土佐の悪い幼なじみコンビもまた良いんですよね!!!



そして、お気に入りのこの背後からのショット!!!


DSCF1415.jpg


カッコイイ!!!
良い背中してるよ、退助っ!!!!






そして
次に向かったのは・・・




岡田以蔵の墓・・・!!!!


DSCF1431.jpg


ここね!!

ここ、もうホント大変でした!!!マジで!!!!!



いや、でも言うても岡田以蔵は罪人ですからね!
探すのが一苦労だと聞いていたし、奥にあるって聞いていたんだけどね


なんか大河のおかげかな!!
手作りの標識でてた!!(笑)
なんか、看板もでてた!!
「おまん、よう来てくれたな!」みないなコメントまであった!!(笑)
墓のまえに丸文字ゴシックみたいな書体で「以蔵」って線香置きみたいなのも出来てた!!(笑)



でも


そ れ は 違 う よ ね !!!!


なんか、以上のことがすごく助かった反面、ちょっと残念でしたよ!!(笑)
百歩譲って、案内の看板や標識はいいですが
しかし以蔵風なセリフコメントはいらんよ!
丸文字ゴシックいらんよ!!まだ筆文字にしてよ!!(笑)
なんか、以蔵が急に軽くなっちゃうから!!!!




とはいえ、もう墓にたどりつくまでは獣道


真夏の獣道はかなり勇気がいるもので、すごい勢いで草むらのなかを駆け抜けて墓まで走りました(笑)


しかも、感傷的に以蔵に浸って手を合わせてる間に
もう、、、蚊が!!!ヤブ蚊が!!!
ほんまもんの蚊が!!!!
すごい勢いで血を吸いにやってきて、手を合わせてる間に両手両足やられて、もう気持ちがそぞろ!!!(笑)

写真を撮らせてもらう間にも蚊が!!!!!


アレです
以蔵の墓に行くのは確実に冬をオススメします(笑)




そのあとは

高知のメインといえば、この男・・・



DSCF1433.jpg



坂本龍馬ぜよ(どーん)




きたぜ!!桂浜!!!!


DSCF1435.jpg


桂浜って遊泳禁止なんですね
はじめて知りました



てか、みんなポケモンしてましたよ(笑)
私もしようとしたのに、そーゆーときにかぎってサーバーが繋がらない(笑)


まあ、いいんです
今の私はポケモンより坂本です
なによりのレアポケモンです(言葉に気をつけて!!!)





そこからの

坂本龍馬記念館!!!



ふふふ
中岡慎太郎館と坂本龍馬記念館


きちんと二つとも攻略できました


DSCF1437.jpg


記念館のなかにある近江屋の再現

中にも入れるので、坂本さんになりきって やられそうになってる写真も撮りました(笑)



やはり、坂本さんですね
中岡慎太郎の記念館より人がすごく多かった
まあ、中岡慎太郎館は遠いですからね

でも個人的に記念館としては中岡慎太郎館のほうが好きでした




そんなわけで、二日間でしたが土佐を堪能してまいりました


カツオ、美味しかったぜよ・・・!!


IMG_1196.jpg

posted by にしむら | 日記 | 更新情報をチェックする